RPG制作情報:シンボルエンカウントシステム・SAAについて

7GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~

公開日: : 最終更新日:2015/03/13 RPGツクール , , ,

SwankyStreet管理人の中野(@swankystreet_jp)です。
現在所属サークル:スタジオドビーで制作しているRPG作品「7GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~」のシステムページに掲載されているSAAシステムについて少しだけお話したいと思います。

スタジオドビー更新記事1:【7GirlsWar】体験版で頂いた感想に関しましてQ&A【システム編】
スタジオドビー更新記事2:【7GirlsWar】システムページ情報を追加更新しました

□SAAシステムとは?

captcha08

まず初めにSAAシステムは何か?という点から説明します。
SAA(Surprise Assault Attack)システムとは、
MAP上を徘徊する敵シンボルの後ろから接触することで、
戦闘せずに勝利できるシステムです。
各パーティーメンバーにはそれぞれ固有の「SAAスキル」という技能が存在し、
パーティーの先頭に位置するキャラクタのSAAスキルがSAAシステムをサポートします。

□SAAスキルについて
SAAスキルは、SAAを発生しやすい状況を作る、
背後を取るのに失敗した場合のフォローなど
様々な効果でSAAシステムをサポートします。
SAAスキルの効果一覧はシステムページに掲載されているので
気になる方は、ぜひご確認ください。

□なぜSAAシステムを採用したか?
なぜこのようなシステムを採用したかというと、
まず、幻想水滸伝シリーズのように、戦闘システム自体にまどろっこしさがなく
快適な戦闘、成長を独自に用意できないものかと考えたためで、
結果、エンカウント率を自力で調節可能なシンボルエンカウント形式と
マッチするこのシステムを考案し採用してみました。

□SAAシステムの仕組み

captcha07

SAAシステムの仕組みを掻い摘んで説明します。
SAAシステムは、大きく以下の機能から成り立っています。

・シンボルエンカウントシステム
・並び替えを行った際に先頭キャラを判定するコモンイベント(CE)

肝心のシンボルエンカウントシステムの基礎ですが、
これはRPGツクールVXAce公式ページ内の初心者講座にあるものをベースにしています。
これに、「条件分岐」(スクリプトでも構いません)でプレイヤーと
敵シンボルの向きで背後から接触した場合の撃破処理を追加します。
あとは、CEで先頭メンバーに応じてスイッチをONにし、
上記のベースに対してONスイッチごとにSAAスキルの処理を行うよう記述するだけです。
向き判定とSAAスキルの処理記述をスマートに仕上げる以外、実に単純な仕組みです。

必要なのは、RPGなのに「別に戦闘しなくてもいいんだよ」と言える思い切りです。
あとは、「じゃあRPGじゃなくていいじゃないか」と言われないような
ゲームデザインとバランス取りでしょうか。これが非常に難しく頭を悩ませています。
完成までには納得できる形に仕上がるよう頑張っていきたいと思います。

□お知らせ

スタジオドビーのダウンロードページ及びDLsiteで体験版のダウンロードが可能です。
今回説明を行ったSSAも体験版に導入しています。よろしければ試して頂ければと思います。
それでは、失礼します。

関連記事

no image

横向きの階段について考えてみた

ここ最近RGSS3の勉強を兼ねて、左右キーの入力のみにより上り下りできる 横向きの階段を作れないも

記事を読む

コメントを残す

no image
RPG制作情報:体験版攻略情報などを更新しました

SwankyStreet管理人の中野(@swankystreet_jp

no image
RPG制作情報:シンボルエンカウントシステム・SAAについて

SwankyStreet管理人の中野(@swankystreet_jp

no image
DLsite・スタジオドビーサイト内で体験版を公開しました

SwankyStreet管理人の中野(@swankystreet_jp

no image
DLサイトに発売予告をしました

SwankyStreet管理人の中野(@swankystreet_jp

no image
制作RPG作品のシステム情報を追加しました

SwankyStreet管理人の中野(@swankystreet_jp

→もっと見る

  • http://uzume-soft.com/7-girls-war/
PAGE TOP ↑